読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタル・デザイン・ラボラトリーな日々

アラフィフプログラマーが数学と物理を基礎からやり直す

静岡Developers勉強会の「UnityとBlenderハンズオン第8章」の資料公開

2015/09/26(土) 13:00~17:00に、静岡Developers勉強会 UnityとBlenderハンズオンが行われる島田市民総合施設プラザおおるり 第2会議室には4名が集まりました。

今回も前回同様にUnityについては学び直しということで、これまでチュートリアルでやってきた中でなんとなく見過ごしてしまった部分や分からないまま進んでしまった部分を見直してみました。
また、フォントについてはゲームを作る上で単色ではなくカラフルにしたい思いがあったので見直して良かったです。

ただ、資料を作る上では2Dの間はUnity 4.6でと思っていたのですが、今回セッションしている際にUnity 5以上を使用している方ではエラーになってしまうところがあり、もはや無理だと悟ったので次回は最新バージョンで望む予定です。


今回は、前回の資料のBlenderのパンダのモデリング修正に2週間かかってしまった上にモチベーションが上がらなく、また会社はトヨタカレンダーなのでシルバーウィークは関係なく出勤(21日は有給休暇とったけど)だっただけに、いつも100ページ近く書いていたのにパワーダウンで70ページ近くとなりました。Unityはまだ経験から分からない部分もなんとかなるんですが、Blenderは経験が乏しいだけに分からない部分は悩むと解決できないで作成するしかない状態です。

前回のUnityでは言葉で説明するだけで終わってしまったので、今回のUnityはハンズオン形式で出来るようにゆったりと行いました。正直、このくらいのほうが分からないところを相談出来たりして、逆に良かったのかも知れません。

 

資料はまだ修正する予定ですが、とりあえず公開しておきます。