デジタル・デザイン・ラボラトリーな日々

アラフィフプログラマーが数学と物理を基礎からやり直す。https://qiita.com/yaju

静岡Developers勉強会の「UnityとBlenderハンズオン第4章」の資料公開

2015/05/23(土) 13:00~17:00に、静岡Developers勉強会 UnityとBlenderハンズオンが行われる島田市地域交流センター歩歩路(ぽぽろ) 第4会議室には7名が集まりました。

今回のUnityはシューティングゲームで、Unity公式のチュートリアルです。
Unity公式のチュートリアルなんですが、古いバージョンのままなのでプロジェクトをダウンロードしてもエラーとなってしまいます。今回の資料作成はチュートリアルチュートリアルで差分だけ作れば楽出来ると思ってたんですが、結局12章までマメに作成してしまい、膨大な為かなり心が折れつつもなんとか完成させました。
今回はUnityだけで12章まであるので、4時間だと1章平均20分でやればこなせるだろうと、その為、今回はBlenderは間に合わないとして次回に持ち越すことにしました。

いざセッションをやってみると、思い通りに動かないなどでつまずいてしまうところがあるわけです。その場合、まわりでフォローしながら解決したりしていきます。
それでも自分としては最後まで終わらせようとペース配分を考えながら進めていきました。しかし、終了30分前で11章の前半まではやれたものの、残り30分で全て終わらせるのは無理だと判断しました。 次回の6月はミニゲーム発表会として、これまで学んだことを実践して作成してもらう予定でいたのですが、皆と相談して次回はシューティングゲームの10章、11章、12章とBlenderの続きをやることにして、ミニゲーム発表会は7月に延期しました。

今回のセッションの反省点として、時間内で終わらせようとペースを早めた結果、理解する前にマウスの操作しているのに忙しいとのことだったので、毎月継続してやるわけだし次からは無理に時間内で終わらせようとしないで、余裕をもたせるようにしようと思いました。